カードローンで低金利なのはどれ?後悔しないローンの選び方とは?

お金が少し不足している・・・そんな時に手軽に用立ててくれるのがカードローンです。

最近では銀行系のカードローンや消費者金融会社だけでなく、流通系の会社や通販会社などがどんどん金融業態に進出しておりそのカードローンを提供する会社は無数にあります。

ですので、どの会社にすればよいのか考えて選ぶことは貴重です。




■カードローン会社選びのポイント

女子

最近ではカードローンのテレビコマーシャルも流れており、ずいぶんと身近になってきています。

カードローンの便利なところは、自動車ローンや住宅ローンと違って使途が限定されずに現金を引き出せることです。

さらには手軽にお金を借りることができるのも特徴の一つです。

簡単な審査でそれで融資可能と判断されたら、コンビニエンスストアや銀行のATMで簡単にお金を引き出せます。

それゆえに、数ある会社の中からどのような会社が自分に向いているかを選ぶことが大切です。

まず、そのためにはカードローンの会社がどのような種類があるのか知っておくとよいでしょう。

カードローンの会社には、銀行系カードローン、信販系カードローン、消費者金融系カードローンの3種類があります。

信販系とは聞きなれない名前ですが、信販会社やクレジット会社が発行しているものです。

銀行系は、銀行の発行しているカードローンですが、大手銀行はもちろんのこと、地方銀行や信託銀行、JAや信用金庫とその幅も広くなってきています。

そして、それぞれに審査基準や金利が違ってきます。

ですので、どの会社を選ぶのか、まずは慎重に考えることが必要です。

■それぞれのカードローン会社の特徴を抑えよう

カード

銀行のカードローンは一般的に利息も低くなっていますが、その審査基準は比較的厳しいです。

しかしながらメリットもたくさんあります。

最大のメリットはやはり、利息が低いことです。

もちろん、各銀行ごとに違いはありますがたいてい実質年率は3.0から14.5パーセントと低いです。

そして、大手の銀行にはATMで借りることができるブースもありますので便利ですし他の人に借金をしていることが知られませんので便利です。

審査は比較的厳しいですが金利が低い、それが銀行のカードローンの特徴です。

一方で信販系のカードローンの特徴は、クレジットカードの会社ですので自分がそのクレジットカードを持っていたりするのであれば便利です。

そして、店頭で申し込みができるところは少なく、インターネットや電話、郵送で申し込みをすることが一般的です。

返済方法を選択することができるなど、銀行よりもやや金利は高めに設定されていることが多いのですが、その分フレキシビリティに返済方法が選べることが多いです。

そして、心理的にも消費者金融よりは借金をしているという意識を低く借りることができるという特徴があります。

最後に、消費者金融会社のカードローンです。

これは、テレビコマーシャルなどで身近に感じている人も多いです。

そして審査については他のカードローンに比べて比較的緩いです。

パートやアルバイトでも定期収入さえあれば申し込みをすることができます。

やはり魅力的なのは、無人契約機を利用すると土日祝日でも審査申し込みをしてカードが発行できます。

そのカードを持ってさえいれば、一年中無人契約機やコンビニエンスストアで借りることができるという特徴があります。

ただし金利は比較的高く、100万円未満の借り入れですと上限金利の18パーセント近くになっています。

■カードローン会社を選ぶには?

財布

カードローン会社を選ぶのには、利息が低いほうが良いと考えるのは一般的なことです。

しかしながら利息だけでカードローン会社を選ぶのは危険なことです。

返済期間もあわせてチェックしましょう。

返済期間が長いために利息が少ないように思えても結果的には総支払額は高くなるケースがあるからです。

借入先によって返済期間や支払総額は違います。

返済方法もチェックしましょう。

すぐに返済することができる人は、最初の1週間は無利息で借りられるカードローンもありますので、そのようなものを選ぶのも一つの方法です。

さらには、返済方法を選ぶことができるカードローンの会社も選ぶべきポイントです。

自分の利用している銀行で口座振替をできるのであれば、自動で返済をすることができるので便利です。

カードローンは、返し忘れると延滞金が膨らんで大変なことになります。

そのため、返すことができることを最重要ポイントとして、カードローン会社を選びます。

選ぶ過程において気を付けなければならないことは、1社で審査がだめだからといっていくつもの会社に審査をお願いすることは、かえって信用を落とします。

ですので、自分の信用情報をクリアにしてからカードローン会社を選ぶようにしましょう。

そして、インターネットのホームページには返済期間や金額のシミュレーションが載っていますのでそのようなものを利用するのも一つの有効な方法です。






同じカテゴリーの最新の記事